パーマ成功の秘訣はカットにあり!「apish」セミナーレポート(前編) - tredina(トレディナ)

パーマ成功の秘訣はカットにあり!「apish」セミナーレポート(前編)

パーマ成功の秘訣はカットにあり!「apish」セミナーレポート(前編)

「apish AOYAMA」の新進気鋭の若手デザイナー、貴龍氏と黒山慶司氏をお迎えして2019年2月26日(火)に開催された特別セミナー。前編は黒山氏による『パーマが映えるカット』を中心に女性のパーマ施術についてレポートします。

新規のパーマ指名数、そして驚異的なリピート率を誇る両氏による特別パーマセミナーの第二弾が開催。黒山さんは前回に引き続き、再現性の高いデジタルパーマのステップに加え、仕上がりを左右する独自のカット技術を披露。早速、カットからロット巻き、リピートに繋がる提案方法などをプレイバックします。

カービングカットはミニマルに、フォルムはパーフェクトに

黒山さん(以下黒山):今回登場いただくモデルさんはこれまでに一度もカラー&パーマをしたことがないのですが、どんな髪質であっても梳きすぎないことが重要となります。カットベースは、シンプルなグラデーションレイヤーで、梳きバサミは全く使用しません。セニングで取りすぎてしまうとバージン毛であっても広がりやすくなったり枝毛を生みやすくなったりしてしまうからです。

黒山:まずは、カービングカットで全体のフォルムを前上がりに整えます。ここからハサミでグラデーションを入れていきますが、重たさを感じる場合は大体2cmほどカットしてボブラインを残します。
次にカットでグラデーションを施して丸みをつけますが、毛先まで入れすぎないのがポイント。この工程を行えばパーマをかけたときに一番のパートに厚みが残るのでリッジがしっかり入りますよ。

黒山:カットを進めるなかで大切なのが、トップとアンダーの間にある三日月セクション(画像ブルー箇所)。ここがスタイルの重みを左右するパートなので、ニュアンス程度で構わないのでグラデーションを入れましょう。三日月セクションを大きく取れば軽めのスタイルに。逆に狭く取ると重みが生まれます。後頭部がペタッとしやすい方や巻きが取れやすい方は、ここをレイヤーで切ってあげるとふんわりとした質感になります。

リピートに欠かせないのはお客様との信頼関係

黒山:「アピッシュ」では、来店されたときに記入していただくカウンセリングシートを元にスタイルを決めます。髪質を柔らかくしたい、動きを出したいといった項目にチェックがついていたらパーマをおすすめします。とはいえ、初めてご来店頂いた場合はハードルが高いのも事実です。カットでフォルムを整えて、最後にセットするときに「このスタイルをパーマで再現できますよ」とお伝えすると次回パーマ指名に繋がる確率がアップします。

黒山:また新規の場合、コスト面でもお客様に寄り添うことが大切ですね。お客様はカット料金の7千円前後を想定して来店されたのに、パーマやトリートメントなどを無理におすすめして2万円オーバーになってしまったら、お帰りの際に少し戸惑ってしまいます。そんな背景を考慮して、私の場合、当日の提案としては前髪パーマにとどめることが多いですね。

黒山:直毛で髪が流れなかったり雨の日のスタイリングに悩んだりされている方には特に有効で、喜ばれます。プラス3千円程度ですのでお財布にも優しいですし、何よりもパーマとはいえ挑戦もしやすい。完成度はもちろん、施術にまつわる全体の満足度を高めてリピートを促すことは、ヘアスタイルをトータルでプロデュースさせていただくことへと繋がります。スタイリストとして、信頼していただけるような関係を築くためにもお客様の立場にたつことが大切といえるでしょう。

プロフィール

スタイリスト情報

Top Designer 貴龍
副店長/Top Designer 黒山慶司

サロン情報

サロン名:apish AOYAMA【アピッシュ アオヤマ】
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-12-6 青山和田ビル2F

アプリでかんたんサロン集客

この記事が気にいったら
いいねしよう♥

or

twitter、Instagramもチェック!

オンラインワークショップ
Twitter、Instagramも更新中!