小さな悩みにも寄り添える人でありたい。信頼関係で得た笑顔あふれる日々【carlm(カールム)スタイリスト長井美菜さん】 - tredina(トレディナ)

小さな悩みにも寄り添える人でありたい。信頼関係で得た笑顔あふれる日々【carlm(カールム)スタイリスト長井美菜さん】

小さな悩みにも寄り添える人でありたい。信頼関係で得た笑顔あふれる日々【carlm(カールム)スタイリスト長井美菜さん】

日々のサロンワークはもちろん、幅広い分野で活躍されている美容従事者の方々から『キャリア形成』や『日々の仕事をちょっと向上させるヒント』をインタビュー&レポート! 今回のゲストは福岡市「carlm(カールム)」のスタイリスト長井美菜さん。

「ナチュラル可愛い」スタイルが手に入ると人気の、福岡市にあるプライベートサロン「Carlm(カールム)」。バルコニーから差し込むやわらかな光に満ちた店内は、何度でも通いたくなるような居心地の良い隠れ家的空間です。今回はスタイリストの長井美菜さんに、スタイリストになるまでの道のりとお仕事に対する思いやこだわりをお伺いしました。

キッカケは毎日好きなヘアスタイルで働きたいという想い

はじめに、長井さんが美容師を目指したきっかけを教えてください。

長井美菜さん(以下、長井):元々のきっかけは、「美容師になれば自分の好きなファッション、ヘアスタイルで働ける!」という軽い気持ちからだったんです。それくらいおしゃれが好きだったのですが、結果としてそれが天職となったように感じています。

一般企業で働くとさまざまな制限があるイメージですよね。実際に美容師として働いてみて、いかがでしたか?

長井:アシスタント時代の頃の話ですが、カットモデルさんたちにご協力頂きながらカットやカラーの練習をするうちに「もっと技術を磨きたい!そしてもっとお客様の可愛い部分を引き出したい!」と強く感じるようになったんです。早くスタイリストになりたいと、日々努力を重ねましたね。

アシスタントの頃は大変なことも多かったのではないでしょうか。

長井:アシスタント時代はできないことも多いので、接客だけは先輩たちに負けないよう明るく元気をモットーとしていました。その甲斐あってか、今でもよく喋るほうだと思います(笑)

長井さんのチャームポイントはその時期に形成されたのですね。

長井:もうひとつ心がけていたのは、先輩たちが働きやすいと感じるような環境をつくること。スタイリストによって技術やこだわりは異なるのでそれをすべて覚え、率先して現場を整えるようにしていました。同時に先輩たちの良いところを沢山勉強できましたし、それは現在も活きていると思います。

努力の甲斐あって、現在はスタイリストとしてご活躍されていますね!

長井:はい。私がスタイリストになった今でも、アシスタントの頃からのお客様が通って下さっていてとても有難く感じています。「私は本当にお客様に恵まれているな」と日々感じながら、お仕事をさせて頂いていますね。

似合わせカット&カラーでお客様に笑顔を

お店の居心地の良さも見逃せないポイントだと思います。隠れ家風のビルの中にある「カールム」ですが、一歩店内に入ると光に満ちていて落ち着いた雰囲気なんですよね。

長井:そうなんです。当店は少人数制のプライベートサロンなので、緊張せずにゆっくりおくつろぎ頂けると思います。

ゆったりした空気が流れていて、初めての来店でもリラックスできそうです。店内にはアンティーク小物やグリーンがセンス良くディスプレイされていて、ずっといたくなるような空間ですね。

長井:ありがとうございます。シャンプーブースには小窓付きの仕切りを設け、お客様がまるで自分のお部屋にいるかのような、リラックスできる空間を心がけています。

お客様がくつろげる工夫が随所に施されているのですね。長井さんが普段得意とされている施術やスタイルは、どのようなものでしょうか?

長井:ヘアカラーとヘアアレンジが得意です。ヘアカラーはお客様の髪質やライフスタイルに合わせて、ぴったりの薬剤をセレクトしています。カラーリングは迷った末に結局いつもの色にしてしまう方も多いと思うのですが、飽きがこないよう季節に合わせて私のおすすめをご提案させて頂いているんですよ。

シーズンごとのトレンドもありますよね。自分に合うカラーを提案して頂けるのは、お客様目線だととても助かるのではないかと思います。ヘアアレンジは、どのようなスタイルが得意ですか?

長井:アレンジが活かしやすいボブ~ロングの長さが好きで、いつもどんな可愛いアレンジにしようかとワクワクしますね。アレンジにおいては顔周りのデザインが特に重要ですので、バランスをみて仕上げています。また、顔の印象を大きく左右するバングスのカットも得意です!

お客様をさらに可愛くアップデートする施術を得意とされているんですね。日々多くのお客様と接する機会があると思いますが、接客するうえで気をつけていらっしゃることはありますか?

長井:ご来店頂いてからお見送りまで、笑顔を絶やさないようにしています。また、お客様のどんな小さな悩みでも一緒に解決できるように、些細なサインを見逃さないように気をつけていますね。

笑顔で接してもらえたり、言い出しにくい悩みなども察したりしてもらえたら緊張も和らぎますね。ご来店されるお客様はスタッフの方々のヘアスタイルやファッションにも興味がある方が多いと思いますが、お仕事中の服装・ヘアスタイルで心がけていることはありますか?

長井:トレンドを意識したヘアスタイルやメイクを一足先に取り入れるようにしています。そうすれば、お客様へご提案する際にも参考にして頂きやすいのかなと。最近は動きやすくてシンプルなファッションを選ぶことが多いのですが、その時は逆にヘアアレンジに凝ってみるなど、ラフ過ぎることのないようにしていますね。

休日は自然に囲まれてエネルギーチャージ!

ところで、スタイリストという職業は忙しいイメージですが、1日のスケジュールを教えて下さい。

長井:決まったスケジュールというものはないのですが、以前は資格取得のために時間を使うことが多かったので、11時~21時までの間で予約が入ったときにサロンに出勤するという形態をとっていたこともありました。

どのようなことを習っていたのですか?

長井:着付け教室に通っていて勉強していました。現場で働くスタイリストにとってもスキルアップや、やりたいことを応援してくれるので本当に助かっています。

サロンワーク以外の活動も積極的に行っているのですね。スタッフの方々がやりたいことに挑戦できる体制はとても興味深いですね。

長井:当サロンがお客様のことを第一に考えているのはもちろんですが、同じように私たちスタッフのことも大切にしてくれる職場です。私がやりたいことにチャレンジできているのもスタッフ達のおかげですし、本当にありがたい環境で働けていると感じますね。こんなに素晴らしいサロンはなかなかないと思いますし、何より仕事が楽しくて仕方ないんです!

日々楽しみながらご活躍されているのがとても伝わってきます! お仕事がお休みの日はどのように過ごされているのですか?

長井:オフの日はどこかに出かけていることが多いですね。山口県の自然豊かな場所で育ったこともあり、休みの日は緑の多い場所で過ごしたくなります。

自然の中でできる趣味をお持ちなのですか?

長井:これといった趣味はないのですが、フルーツ狩りやラフティングなど思いつくままに色んなことを体験するよう心がけています。多くの経験をすることで、お客様とのコミュニケーションの幅が広がりますし。次は陶芸にチャレンジしてみたいです!

オフの日の体験が、お仕事にきちんと生かされているのですね。公私のメリハリのつけ方にコツはありますか?

長井:休みは休みの日と決めて、しっかり遊ぶのが大切だと思います。私はちゃんとスケジュールを組んでおかないとついダラダラと過ごしてしまう癖があるので、まず手帳にやるべきことを書き出してからそれをこなしていくというスタイルをとっています。そうすると、オン/オフの区別がはっきりつくのでオススメですよ。

それでは最後に、これからスタイリストを目指す読者の方々へメッセージをお願いします。

長井:アシスタントの時期は大変に思うことが多いかもしれませんが、スタイリストになった時にアシスタント時代の経験が必ず糧となります。スタイリストになると責任も増しますが、それ以上に幸せを感じられる機会が増えます。私は今、本当に美容師になって良かったと感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんにも、早くこの気持ちを味わってほしいです。これからも頑張ってくださいね! 応援しています。

長井美菜さんのプロフィール

スタイリスト情報

長井美菜
スタイリスト

サロン情報

サロン名:carlm【カールム】
住所:福岡県福岡市中央区今泉1-3-23 セルクル今泉305号

https://tredina.com/salon/H000294815/
アプリでかんたんサロン集客

この記事が気にいったら
いいねしよう♥

or

twitter、Instagramもチェック!

オンラインワークショップ
Twitter、Instagramも更新中!