個人サロンからスクール併設へ。急成長を遂げたサロン経営の秘訣とは(S mint 大野さん)【中編】 - tredina(トレディナ)

個人サロンからスクール併設へ。急成長を遂げたサロン経営の秘訣とは(S mint 大野さん)【中編】

個人サロンからスクール併設へ。急成長を遂げたサロン経営の秘訣とは(S mint 大野さん)【中編】

サロンワークをはじめ、幅広く活躍されている美容従事者の中から女性ならではの『仕事に対する考え方』と、『サロン経営』についてインタビューレポート。前回に続き、ゲストは八王子「S mint」のオーナー、大野早紀さん。個人サロンから7名のネイリストが在籍する店舗へと発展した軌跡とは。

ネイリストとしての夢を叶え、店舗を経営に乗り出したS mintのオーナー、大野さん。経営者として見えてきた新たな景色と、その苦悩についてインタビューしました。

時間と好機を無駄にしない、瞬発力と戦略で駆け抜けたサロン経営

スタッフを増やすことになったとき、苦労されたことはありますか?

大野早紀さん(以下、大野):電話がとれない位忙しくなったとき、奇跡的に店舗の隣ぐらいの路面店が空いたんです。これは逃せないと思い、スタッフを採用する前に新たな物件を即決しました。
 新店舗は広さが3倍ほどになったこともあり、そこから慌てて3人採用。この時期は店舗の経営とスタッフの給料の双方を確保しなければならなかったので、責任とプレッシャーと戦う日々でした。

決断力がすごいですね! 因みにスタッフ採用の基準で大事にされたことはありますか?

大野:人の採用という点については、いわば私も未経験。だから、あえて色んな要求はしませんでした。資格とやる気だけで来て頂ければいいかなと。まずは走りながら考えるといいますか、新しい店舗を軌道にのせることが先決ですからね。
 とはいえ、私を含めスタッフは皆20代。すべてが手探り状態でしたし、一般企業の社員として務めたこともなかったので何が正解かも分からずもがく日々でした。でも、そんなことではへこたれません。この頃に妊娠したこともあって、かねてから温めていた夢に向かってさらに動き出したんです。

妊娠中でも、できることに挑戦したということでしょうか。

大野:そうなんです。サロンの経営はもちろんですが、ネイリスト養成のスクールを作りたいという想いがあったので、23歳の頃にはすでに認定講師の資格は取っていたんです。スクールを運営するにはさらに本部認定講師を取る必要があるので、こちらも取得。準備が整ったら認定校申請の事務手続きを進めました。妊娠中でもできるスキルアップやタスクがあると思っていたので、つわりや気持ちが不安定になるなどの大変な時期もありましたが、夢への足は止めませんでした。

教え子たちに活躍の場を提供するべくオープンしたスチューデントサロン

その後はどのようにスクールを運営されたのでしょうか。

大野:スクールは無事認定校として承認されて稼働したのですが、そうするとスチューデントサロンを作りたくなりまして(笑)。実際、スクールを卒業しても未経験だとサロンはなかなか採用してくれないんですよ。スキルがあったとしても、最初の就職先を見つけるのがなかなか難しいんですよね。そんな姿を目の当たりにしたら作るしかない、と。
 トレーニングセンターという位置づけなので、もちろんお給料は低めではあるけど、まずは実際に接客して経験を積む受け皿のような場所を作り、希望する卒業生はそこで受け入れました。この頃は1年にひとつの大きな目標をつくっては、新しいことに挑戦していました。

スクールとスチューデントサロンの運営までどれくらいかかったのでしょうか。

大野:その頃には子供が2歳くらいになっていたので、トータル3年ほどですね。さらに、スチューデントサロンから育った方々を受け入れるサロンもオープンすることになりました。それが今のS mintなんです。

確かに一から育てた方々であれば、できればそのまま一緒にお仕事したいですよね。

大野:そうなんです。力を注いで育てた方々なので。気づいたらネイリスト志望からベテランまでが揃う分野の経営をしていました。
 ですが、一気に大きくし過ぎてしまったんでしょうね、すべてをきちんと見られなくなってしまっていました。さらには子供もまだ小さかったので具合が悪くなることもありましたし、この頃に離婚も経験しました。公私ともに悩むことが多かったときに思い出したのが、自分がサロンを初めてオープンした頃のことなんです。

初心に立ち返る、ということでしょうか。

大野:そもそも、「リピーターさんを大事にしたい」という想いでキャリアをスタートさせたのに、これでは「経営に夢中になっているオーナー」に見えてしまうのでは、と。実際のところ、どのサロンも好調で多くのお客様にご来店頂いていました。でも、すべてをきちんと見られなくなっているのではないかと不安が増す日々になっていました。そこで、2年前でしょうか、S mint以外のサロンをクローズしていったんです。

複数のサロンを経営して見えてきた光と影

まさに激動の20代ですね。相当な覚悟が必要だったのではないでしょうか。

大野:その頃のS mintは、卒業生と外部から来た方々と半々になっていたのですが、その方々に助けられたんです。「オーナー、大丈夫ですか。私たち、頑張ります!」とひたむきにサロンワークに励んでいてくれました。その他のサロンは私が行かないと回らなかったこともあったので、S mintだけ残そうと。

S mintは特にプロ意識を持った方々が多かったのですね。

大野:そうですね。その頃のS mintはオープンしたてですし小さなつぼみではあるけれど、ここを大きく花開かせればいいんだって確信しました。これまでのように、店舗を大きくするというニュアンスではなく、サロンとしての価値を高めていこうと決めました。第二の人生といったら大げさですが、生まれ変わったつもりでオーナーとしての第二幕をきったというわけです。

次回は雰囲気の良いサロン作りのコツをASK!

【後編】では大野さんがサロンブランド価値を高めべく心がけている採用のコツや教育法などを徹底インタビュー。

大野早紀さんのプロフィール

スタイリスト情報

Saki Oono
オーナー
https://tredina.com/user/saki0412/

サロン情報

サロン名:S Mint【エスミント】
住所:東京都東京都八王子市三崎町4-13 3F

https://tredina.com/salon/H000301692/
S・Mint エスミント
S・Mint エスミント
エリア
八王子周辺
最寄駅
八王子駅

ネイルブック/SNSからも注目されてる人気店!オフ込定額ジェル/のせ放題4980円~ 深爪コースも大人気!

アプリでかんたんサロン集客

この記事が気にいったら
いいねしよう♥

or

twitter、Instagramもチェック!

Twitter、Instagramも更新中!
特集
特集一覧