大型サロンにない、リピーターの絶えないサロンをつくるには(S mint 大野さん)【前編】 - tredina(トレディナ)

大型サロンにない、リピーターの絶えないサロンをつくるには(S mint 大野さん)【前編】

大型サロンにない、リピーターの絶えないサロンをつくるには(S mint 大野さん)【前編】

サロンワークをはじめ、幅広く活躍されている美容従事者の中から女性ならではの『仕事に対する考え方』と、『サロン経営』についてインタビューレポート。今回のゲストは、八王子「S mint」のオーナー、大野早紀さん。個人サロンから7名のネイリストが在籍する店舗へと発展した軌跡とは。

20代にして4つのサロンとスクールを経営してきたS mintのオーナー、大野さん。1年を待たずして予約が取れないほど人気になったサロンをつくった彼女が、注力したポイントとその想いについてASK!

コンプレックスを解消したいという気持ちがすべての始まり

大野さんがネイリストという職業を意識されたきっかけは?

大野早紀さん(以下、大野):実は小さい頃に、爪を噛むクセがあって、手元がコンプレックスだったんです。でも、お洒落に目覚めた高校生の頃から、手元を綺麗にしたいなって思うように。そこで、市販のネイルキットを購入したのが全てのはじまりでした。気がついたら夢中になっていて、独学ながらも、女性の手を美しくすることに喜びを感じたんです。

本格的に技術を学ぶキッカケとなった出来事は?

大野:大学時代にネイルを趣味でやっていた友人が私にネイルチップをプレゼントしてくれたのですが、それがとても上手だったんです。向上心に火がついて、それを機にネイルスクールに入学しました。大学1年の終わりでしたね。

大学とスクールを掛け持ちされていたということでしょうか。

大野:母がとても厳しかったんです。土日休みの、ごくごく一般的な会社に勤めて欲しいというのが両親たっての願いだったけど、スクールの学費はアルバイト代からという条件のもと、何とか許して貰えました。いざスキルを磨きはじめるととても楽しくて、大学時代からネイルサロンの現場に出ていました。

日々考えながらひたむきに技術を磨いた下摘み時代

現在はサロンを経営されていらっしゃいますが、大野さんにも下積み時代はあったのでしょうか。

大野:一番印象的だったのがターミナル駅にあったサロン。お客様一人にかける時間がとても短くて、とにかくスピード勝負でした。若い頃にこれだけ沢山のお客様に施術できたことは、技術を磨く上で大いに役立ちました。

ご自身でサロンを経営するきっかけは?

大野:ネイルをはじめて約2年は働きながら検定試験1級の資格取得に励み、経験を積むことにひたすら邁進しました。場数をこなすことで磨かれる技術もある一方、お客様に満足してもらうには本当にこのやり方がベストなのか、という疑問が強くなっていきました。クーポンで集客し、流れ作業的に接客をこなすスタイルに違和感を覚えたんです。この時感じた「お客様を第一に考えたサロンを自身の手で作りたい」という思いが、独立の大きな決め手となりました。

独立を決意してからどんな準備をされましたか?

大野:「近所(八王子)をふらっと歩いていたら『テナント募集』の看板が目に飛び込んできたんです。大通りにも面していたので即電話し、サロンとアルバイトで貯めたお金をこのチャンスにかけることにしました。まずプライベートの時間を割いて、家族や友人、近所の方々にきていただくようなところからスタートすることに。もしも上手くいかなければ、たたむことも考えなくてはならない。先行きに対する不安も決して小さくはありませんでしたが、口コミなどで輪を広げてくださる身近にいらっしゃった皆さんの応援もあり、徐々にではありますがお客様に来ていただけるようになりました。期待に応えたいという気持ちは、1つの大きなモチベーションになったと感じています。

実際オープンしてみて大変だったことはありますか。

大野:オープンしたばかりの頃は、本当に手作り感満載でした。飾りつけは自分で描いた看板のみだし、メニュー表も業者には頼めないので100円ショップで可愛い紙を見つけて作成しました。我ながらあの時期は頑張りました。表から見ると華やかな世界ではあるけど、本当はとても地道な作業ばかり。でも、出資をうけずとも、目の前の接客や日々工夫し続けることでチャンスを味方につけることは出来ると実感しました。

他にないデザインでリピーターを獲得

個人サロンからオーナーへの転身は一体どのように…?

大野:約10年前なのでブログもインスタもない時代。mixiとクチコミだけでしたが1年経った頃には、電話が鳴りっぱなしになる位忙しくなってきたので、人を採用する方向へとシフトしました。

急スピードですね。集客のコツが気になります…!

大野:それまでの経験から、リピーターの方を大切にすることに最も注力しました。デザインで迷われたり補強する時間があっても良いように時間を多めに確保したりするのはもちろん、お客さまにとって新しい発見があるよう、デザインのバリエーションにはとにかくこだわりました。

確かにデザインの幅があれば、次はこのネイルにしよう!と再訪したくなりますね。

大野:誰が施術しても同じ仕上がりになるなら、わざわざ指名して来店する必要はないですよね。シンプルなデザインであっても、お客様にあったカラーリングや爪の形を活かした施術をしたり、今でも暇さえあれば、デザイン画を描いてブラッシュアップしています。

次回は店舗拡大の道のりをインタビュー

【中編】ではスクールを開校させるべく奔走していた時代についてインタビュー。彼女が仕掛けた仕組みとは?

大野早紀さんのプロフィール

スタイリスト情報

Saki Oono
オーナー
https://tredina.com/user/saki0412/

サロン情報

サロン名:S Mint【エスミント】
住所:東京都東京都八王子市三崎町4-13 3F
https://tredina.com/salon/H000301692/

アプリでかんたんサロン集客

この記事が気にいったら
いいねしよう♥

or

twitter、Instagramもチェック!

オンラインワークショップ
Twitter、Instagramも更新中!