〈 美人のネイルカレンダー 〉7月19日 - tredina(トレディナ)

〈 美人のネイルカレンダー 〉7月19日

〈 美人のネイルカレンダー 〉7月19日

【 沙羅(さら)】一日一語、口にするだけで心が綺麗になる、一年365日の言葉の著書「美人の日本語」をフィーチャー。繊細で多様な美しい日本語 × ネイルで毎日を彩るお手伝い。今回のPickUpデザインはゴールド・エアブラシ・ストライプ・ヤシの木・ターコイズ・エンボス。

◆ .. 沙羅(さら)

... 儚さを知ったとき ...

~ 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
  沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす ~
(「平家物語」)

お釈迦様が亡くなった場所の四方に、沙羅の木が二本ずつ植えられていたので、沙羅双樹と呼ばれるようになったのだそうです。

ただ、日本で沙羅の花というと、夏椿(なつつばき)の花をさします。その昔、あるお坊さんが勘違いして広めてしまったのだそうです。

でも、本家の沙羅より、こちらの方が儚さの代名詞として、ふさわしい気がします。真っ白な花びらは、透けそうなくらい薄くてやわらかく、朝咲いた花はその日の夜には花ごとぽとりと落ちてしまうのです。

儚さを知った時、いとおしさが込み上げてくるものですね。

( 出典:山下景子(2005).「美人の日本語」幻冬舎 pp.7月17日 )

キュンとした数だけ可愛くなる...♡

美しい言葉の切れ端や、ときめく体験をたくさん心に集めるだけで、センスが磨かれ輝きだしそうですね。

▼2016夏の人気デザイン

アプリでかんたんサロン集客

この記事が気にいったら
いいねしよう♥

or

twitter、Instagramもチェック!

オンラインワークショップ
Twitter、Instagramも更新中!